第2次ハバロフスク地方派遣団帰還報告

8/27〜9/12までの期間で、実質の活動は6日間でしたが、31柱のご遺骨と無事帰国をし千鳥ヶ淵まで引き渡しをすることが叶いました。推進協会の方を始め、遺族会、全抑協の方々には大変お世話になりました。今後とも学生一同努めてまいりますので、ご指導ご声援のほどよろしくお願い致します。

Comments are closed.