ビスマーク・ソロモン諸島第3次現地調査派遣団並びにビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団帰還報告

ビスマーク・ソロモン諸島第3次現地調査派遣団並びにビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団の両派遣団が9月30日に無事帰国致しました。

両派遣団の活動日程は下記の通りです。
〇ビスマーク・ソロモン諸島 第3次現地調査派遣団
平成30年9月15日(土)〜9月30日(日)
〇ビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団
平成30年9月19日(水) 〜9月30日(日)

◎現地調査派遣 派遣報告
現地調査派遣団は3班に分かれ活動を行い、1班は丸山道タンブー、タンブハ方面、2班は丸山道アンドウ、タンブレロ方面での捜索活動を実施致しました。今回、JYMAから現地調査派遣に参加した2名は1班と2班に分かれて活動を行いました。また、3班はマライタ島での捜索活動、情報収集や広報活動を実施致しました。

1班では野営を実施し、現地協力者の方々と寝起きを共にしながら活動を行い、2班は村にあるロッジに宿営をしながら日々活動にあたりました。
今派遣では雨に降られることも多くあり、思うように活動が出来ないこともありましたが、現地協力者の皆さんの多大なるご協力のもと任務を全うすることが出来ました。

今派遣では88柱のご遺骨をお迎えし、ガダルカナル島ホニアラ港にて海上自衛隊護衛艦さざなみにご遺骨を引渡しました。
また、10月10日(水)に護衛艦さざなみがガダルカナル島から横須賀に帰港し、横須賀基地にて厚生労働省への引渡式が執り行われました。

ビスマーク・ソロモン諸島には未だ多くの英霊が祖国日本に帰れる日を夢に見ながら眠られています。外地に眠る英霊を一柱でも多くお迎えできるよう、今後とも精一杯活動して参ります。

最後になりますが、今派遣にご尽力いただきました皆様方、ご支援ご声援くださりました皆様方にこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

Comments are closed.