JYMA 日本青年遺骨収集団

令和元年度 遺骨調査・収容派遣のお知らせ

お世話になっております。

令和元年度の遺骨調査・収容派遣のお知らせにつきまして、掲載いたしました。

今年の活動と求人

ご興味のある方はご確認のうえ、ご連絡いただけますと幸いです。

 

JYMA説明会のお知らせ

天皇陛下のご即位を謹んでお慶び申し上げます。

令和という新時代となりましても、JYMA日本青年遺骨収集団はこれまでと変わらず、「慰霊と伝承」のの心を強く持ち、活動して参ります。皆様のご指導ご鞭撻のほど、引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

さて、当団は下記日程にて説明会を行います。

当団にご興味をお持ちの方、遺骨収集活動についてお知りになりたい方々など、

万障繰り合わせの上、お越しいただければ幸いと存じます。

 

日時:令和元年6月2日(日) 13時から

場所:千鳥ヶ淵戦没者墓苑会議室

備考:予約不要です。お気軽にお越しください。

 

日時:令和元年8月11日(日) 13時から

場所:千鳥ヶ淵戦没者墓苑会議室

備考:予約不要です。お気軽にお越しください。

平成31年(令和元年)度 学生代表就任挨拶

当団を日頃ご支援していただき、誠にありがとうございます。

平成31年(令和元年)度の学生代表を務めます、立正大学3年の青木伸晃と申します。

 

先の大戦を想うとき、戦地に赴き非命に斃れた方々、そのご遺族の方々のことを想います。もっといろいろなことをしたかったと思います。もっと様々な景色がみたかった、もっと自身の成長を感じたかったかもしれません。家族とともに過ごしたかった、そして愛する人に「会いたい」という想い、その声があったことは、決して忘れてはならないと思います。

海の向こうにあるご遺骨を、今を生きる日本人の責任として、かつての戦地に行き、お迎えにあがらなければなりません。祖国を想い、二度とない人生を投げ打って戦った英霊や「シベリア」に抑留され「シベリア三重苦」とよばれる生活を強いられ、亡くなった英霊は今の祖国をどのようにご覧になり、思っておられるのでしょうか。

これからの祖国を担う青年として、当団の活動を通して英霊の「声なき声」に耳を傾け、戦没者、抑留中殉難者のご遺骨から伝わる想いを大切に、これからを生きていかなければなりません。自身の行動を顧み、強い信念と熱意を持ち、それを貫き、仲間と共に、社会をかえていきます。祖国の未来を紡ぐ一助となるように、当団は慰霊、遺骨帰還事業などを通して貢献していきます。

 

わたし自身、組織の中では、一緒に考え、悩みあい、人とのぬくもりを築けるような場を創っていきたいと考えております。

人の人生は有限です。たった一度のかけがえのない時間を使って集まってくれた仲間が、どんな大学であろうと、年齢、性別が違っても、関係なく向き合っていきたい。そして、一人一人が今の現状を正確に認識し、活動がより良くなるように取り組んでいきたいと考えます。なぜなら、当団ではわたしたち団員が主人公であり、最終責任者であるからです。泥の中をもがくように進む事もあるかと思います。ですがそんな時は、人の痛みを分かちあうことを忘れずに、一緒に取り組みます。

 

最後になりますが、日頃、当団の活動をご支援していただいている皆様方の思いに応えることができように、僭越ではあり、多少ではありますが、『遺烈』や『今、何を語らん』、活動報告会などで「恩返し」ができればと思います。そして、わたしたちの先輩方が積み重ねてきた歴史や「想い」を活かしながら取り組んで参ります。

わたし自身、至らぬところが多々ありますが、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。また、温かな目で見守っていただければ幸いと存じます。

 

 

【小林喜一原画展】南の島に眠る戦友へ ーグアム帰還兵が描いた玉砕戦ー 開催のお知らせ

作者である小林喜一氏は、大東亜戦争中のグアム戦で次々と亡くなっていく戦友たちの

「この戦いのことを家族に伝えてほしい」という思いを描いてくださいました。

19歳から21歳の青年の記憶を元に描かれた200枚以上の絵は、

小林氏の戦友だけでなく戦争で命を落とした全ての方々へ捧げるものであり、

次世代への遺産だという思いで、グアム戦遺族の集まりで

作品集の編集にあたり平成30年4月に発行いたしました。

この本の反響が大きく、原画を見たいという声もいただき、この度の開催となりました。

「靖國で会おう」と励ましあいながらの戦いの日々の記録を、靖國神社でご覧いただく運びとなりました。

英霊のみたまが安まることを願い、平和への祈りを込めて展示いたします。

※小林喜一原画展 特設ページより抜粋

 

【期間】

令和元年4月27日(土)~7月21日(日)

※休館 6/25(火)~27(木)

【会場】

靖國神社 遊就館内 特設展示場

【開館時間】

午前9時~午後4時30分※入館は閉館の30分前まで

みたままつり期間中7月13日(土)~16(火)は午前9時~午後8時30分まで開催※入館は閉館の30分前まで

 

企画・制作/小林喜一絵画集製作委員会

協賛/株式会社東京イデアフォース、特定非営利活動法人JYMA日本青年遺骨収集団

 

詳しくは

小林喜一原画展 特設ページ

https://heiwa20180401.jimdofree.com/

JYMA説明会のお知らせ

皆様、いつもお世話になっております。

寒さ深まる季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

この度、下記日程にてJYMA説明会及び沖縄自主派遣勉強会を実施させていただきますので、ここに御案内申し上げます。

万障繰り合わせの上、お越しいただければ幸いです。

 

1,JYMA説明会

日時:11月25日(日) 13:00~

12月16日(日) 10:00~

場所:千鳥ヶ淵戦没者墓苑会議室

内容:
・JYMA日本青年遺骨収集団について
・各派遣経験者の発表
・沖縄自主派遣について
・団員募集

 

2,沖縄自主派遣第一回勉強会

日時:12月16日(日) 13:00~
場所:千鳥ヶ淵戦没者墓苑会議室

内容:
・JYMA日本青年遺骨収集団について
・各派遣経験者の発表
・沖縄自主派遣について
・団員募集

ビスマーク・ソロモン諸島第3次現地調査派遣団並びにビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団帰還報告

ビスマーク・ソロモン諸島第3次現地調査派遣団並びにビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団の両派遣団が9月30日に無事帰国致しました。

両派遣団の活動日程は下記の通りです。
〇ビスマーク・ソロモン諸島 第3次現地調査派遣団
平成30年9月15日(土)〜9月30日(日)
〇ビスマーク・ソロモン諸島第1次遺骨収集派遣団
平成30年9月19日(水) 〜9月30日(日)

◎現地調査派遣 派遣報告
現地調査派遣団は3班に分かれ活動を行い、1班は丸山道タンブー、タンブハ方面、2班は丸山道アンドウ、タンブレロ方面での捜索活動を実施致しました。今回、JYMAから現地調査派遣に参加した2名は1班と2班に分かれて活動を行いました。また、3班はマライタ島での捜索活動、情報収集や広報活動を実施致しました。

1班では野営を実施し、現地協力者の方々と寝起きを共にしながら活動を行い、2班は村にあるロッジに宿営をしながら日々活動にあたりました。
今派遣では雨に降られることも多くあり、思うように活動が出来ないこともありましたが、現地協力者の皆さんの多大なるご協力のもと任務を全うすることが出来ました。

今派遣では88柱のご遺骨をお迎えし、ガダルカナル島ホニアラ港にて海上自衛隊護衛艦さざなみにご遺骨を引渡しました。
また、10月10日(水)に護衛艦さざなみがガダルカナル島から横須賀に帰港し、横須賀基地にて厚生労働省への引渡式が執り行われました。

ビスマーク・ソロモン諸島には未だ多くの英霊が祖国日本に帰れる日を夢に見ながら眠られています。外地に眠る英霊を一柱でも多くお迎えできるよう、今後とも精一杯活動して参ります。

最後になりますが、今派遣にご尽力いただきました皆様方、ご支援ご声援くださりました皆様方にこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

第2次ハバロフスク地方派遣団帰還報告

8/27〜9/12までの期間で、実質の活動は6日間でしたが、31柱のご遺骨と無事帰国をし千鳥ヶ淵まで引き渡しをすることが叶いました。推進協会の方を始め、遺族会、全抑協の方々には大変お世話になりました。今後とも学生一同努めてまいりますので、ご指導ご声援のほどよろしくお願い致します。

活動説明会について

皆様、こんにちは。
日頃より当団へのご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。

さて、JYMA日本青年遺骨収集団では、我々の活動に興味を持って頂いている方々にむけて、説明会を行います。

日時:9月29日(土) 10:30〜
場所:千鳥ヶ淵戦没者墓苑会議室

内容:
・JYMA日本青年遺骨収集団について
・各派遣経験者の発表
・沖縄自主派遣について、その募集

この説明会では特に当団が独自で行っている、沖縄自主派遣について詳しく説明する予定です。
参加をご検討している方々はもとより、少し気になってる方々もお気軽にご参加ください。

甲斐市立竜王図書館での講演

この度、甲斐市立竜王図書館より、当団や遺骨収集活動に関して展示を行いたいとご連絡がありました。

展示は8月1日より31日にかけて行われ、そのうち8月12日の午後2時より、当団学生により遺骨収集の現状をお話させていただくこととなりました。

甲斐市立竜王図書館では、毎年8月に戦争に関する展示会を行っているそうです。

皆様におかれましては、機会がありましたら是非甲斐市立竜王図書館を訪れていただきたく思います。

詳しくは下記URLをご参照ください。
https://www.city.kai.yamanashi.jp/docs/2018012300139