JYMA 日本青年遺骨収集団

ごあいさつ



特定非営利活動法人JYMA日本青年遺骨収集団
理事長 赤木衛

 

私達は、戦歿者の犠牲の上に整えられた平和と繁栄を享受しているという、ほんの70年前の歴史の経緯を忘れてしまってないでしょうか。

現在の安寧は、世界を相手取って戦い、南海の孤島や極寒のツンドラに眠る、多くの戦歿者の犠牲を礎に成り立っている事を。

 

「JYMA日本青年遺骨収集団」は昭和42年、「学生慰霊団」として発足、戦争の傷跡の残る外地に赴き、旧日本軍玉砕地における慰霊活動を実施していた際、”草むす屍”同然に遺骨が放置されている現状を憂い、「学生遺骨収集団」を結成し、その後広く一般青年層に呼びかける為に「日本青年遺骨収集団」と改称、学生を中心とした非営利団体とし活動して参り、平成十四年十月、東京都より、特定非営利活動法人として認証され、政府・厚生労働省に協力している団体です。

 

近年、民間の非営利団体は、福祉、環境、まちづくりなど幅広い領域で活躍し、その重要性が広く認められております。

私どもは「戦歿者遺骨収集活動」を喫緊の課題として、「戦歿者慰霊」を創団の精神として、次代へ真実を繋ぐため、加えて「諸外国との親善」活動を推進しております。

「慰霊」の前衛を担ってきた戦友世代や遺族世代の先達の衰徴により、今、世界各地で、それらの祭祀が、その主を失っています。

先の大戦では世界各地で多くの日本人が亡くなり、その多くは、増援を送ること叶わず、結果、戦略的に見捨ててしまった人達です。

戦争の史実、多くの人の出血と涙に無関心を決め込むような事になれば、英霊達を更に見捨てる事になり、そうなれば、もはや日本は、文化的国家の資格がないと考えますし、その成員としての我々青年世代の矜持さえも、後世から謗られましょう。

諸外国に例を引くなら、これらは公の力により、国家の加護の下に置かれて然るべきなのでしょうが、先の大戦を冷静に評価する思考を停止してしまった世代や、国に任せようとばかりせず、青年世代が、先輩世代の残した慰霊の灯火を継承し、願わくば我々がその核となっていこうというのが、私達の志でもあります。

私どもは慰霊事業の分野において、行政のフットワークでは出来ない仕事や、利潤追求を原則とする企業活動には及ばない事業を手がけて参る所存です。

 

私どもの活動にご賛同とご支援を賜り、新たな仲間が参画してくださる事を切望いたしております。